こばやしクリニック
 
 
HOME診療内容院長ご挨拶診療時間アクセス設備概要検査・定期健診
 
 
不整脈とは、心拍数やリズムが一定でない状態のことを言います。
心臓には4つの部屋があります。上側の右心房と左心房が血液を受け入れ、下側の右心室と左室が血液を送り出しています。これら4つの部屋がリズミカルに収縮と拡張を繰り返すことで、心臓は絶え間なく全身に血液を送りだしているのです。正常な場合、右心房にある洞結節(どうけっせつ)という発電所のようなところから発生した電気信号が心房の筋肉を伝わって房室結節と呼ばれる中継地点を経て心室へ伝わり、心室の筋肉を収縮させ、血液は心室から、全身へと送り出されるのです。洞結節から一定の間隔で信号が発生する発生頻度が脈の速さであり、この電気的活動のどこかに障害が生じた場合、不整脈となるのです。
 
 

不整脈の原因としてもっとも多いのは、加齢による電気的活動の機能の低下です。高血圧や喫煙、ストレス、過労、睡眠不足も心臓に負担がかかり、原因になります。生まれつき、電気的活動の異常がある場合もあります。

基本的には狭心症や心筋梗塞とは別の病気ですが、心臓自体に病気がある場合、心臓の筋肉が障害を受けていると、電気的活動にも障害が生じ、不整脈が現れやすくなります。
心臓以外の病気、例えばホルモンや自律神経系活動などのバランスが崩れるような病気の場合も、不整脈が合併症として現われることがあります。また、心臓病などの治療のために服用している薬の副作用で不整脈を生じることもあります。

 
 

不整脈には、脈が不規則になるもの、速くなるもの(頻脈)、遅くなるなるもの(徐脈)などがあります。
治療が必要な不整脈には以下のようなものがあります。

このように不整脈には、早急に治療を必要とするもの、経過観察でよいものなどがあり、発生頻度や脈の速度だけでは「怖い不整脈」であ
るかどうか判断できません。重大な事態になる前に専門医の診断を受ける必要があります。
 
 
治療が必要な不整脈でも、不整脈そのものが病気の場合と、他の病気の結果出てくる場合があるため、心電図の他に血液検査や心臓超音波(心エコー)検査などを行い、何か他の病気が隠れていないかをチェックします。
さらにホルター心電図、運動負荷心電図などによって検査をします。 ホルター心電図は、不整脈の診断にはかかすことができない検査で、携帯式の小型の心電計をつけたまま帰宅してもらい、一日の日常生活の中で心電図がどう変化するかをみる検査です。 不整脈の数がどれくらいあるか、危険な不整脈はないか、症状との関係はどうか、狭心症は出ていないか、などがわかります。 運動負荷検査は、階段を上り下りするなどして、運動によって不整脈がどのように変わるか、狭心症によるものかどうかをチェックします。 (当院では提携医療機関で安全に運動負荷検査を行っています。)
不整脈の中には遺伝性疾患との関連が疑われる場合があります。その際には遺伝子解析も検討致します。(林医師にご相談下さい) 
ページ最上部へ