こばやしクリニック
 
 
HOME診療内容院長ご挨拶診療時間アクセス設備概要検査・定期健診
 
熱中症
 
熱中症は、ヒトの体温を調節する機能が、高温や多湿によってうまく機能しなくなってしまうことが原因になります。

体温よりも気温が低いと、体の表面から空気中へ熱を放出することができます。
しかし、気温が高いと熱の放出は難しくなります。

また、湿度が低ければ汗をかいた時にその汗が蒸発することによって、体温を下げることができます。
しかし、湿度が高いと汗はあまり蒸発せず、流れてしまうことが多くなり、体温の調節が難しくなります。

体温が上昇し37℃を超えると、発汗を促進するために、皮膚の血管が拡張し血液量を増やします(水分を使う)。そこで、体の水分量がさらに減り、極端に減ると心臓や脳を守るために血管が収縮しはじめ、体温調節がしにくくなるという悪循環がおこってしまいます。
 
熱中症の種類
 
高温や高湿度の環境で起こる全身の熱障害を熱中症といい、症状によって以下の分類があります。
分類
応急処置
 
応急処置を知っていたことによって、命が救われたということもあります。
万一の緊急事態に備え、知識を身につけておきましょう。
症状の程度(下記)により、重傷度の場合は、緊急に救急車を呼ぶ必要があります。中等度の場合にも、救急車を要請するか、急いで医療機関に搬送してください。 

意識喪失(1〜2分以上)や、奇異行動、失行、痙攣。
自己温度調節機能の破錠による中枢神経系を含めた全身の多臓器障害。
意識障害、脱水、ショック、低酸素血漿などが合併しており、重篤で全身の臓器の障害を生じて、死亡に至る可能性が高い。

めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐、頻脈(脈の速い状態)、皮膚の蒼白、多量の発汗など。
脱水と塩分などの喪失があり、放置あるいは誤った判断を行なえば重症化する場合がある。
軽いめまい感、疲労感、頭痛、吐き気、多量の発汗など。
ページ最上部へ
手当
まずは、意識の確認をして、救急車の要請を判断しますが、救急車がくるまで、医療機関に搬送中など、軽症の場合に、手当が必要です。

意識がない、呼吸もない場合は、救急車の要請と同時に、救命処置(人口呼吸や心臓マッサージ)を行う必要があります。しかし、正しい方法で行うためには、正しい指導ともとの訓練が必要です。各所で講習会などが盛んに行われていますので、指導を受けておくことは大切です。また、日本赤十字社のホームページで一次救命処置の解説があります。 意識が無い、もしくは、反応が悪い場合は、冷却を継続しながら、涼しい場所(クーラーの入っているところ、風通しの良い日陰など)運び、 救急車を待ちます。

 
熱中症の予防
 
高温多湿の場所を避ける
高温多湿の環境が原因の熱中症の予防には、高温多湿のところに行かない、高温多湿の環境にしないことが一番ですが、高温多湿といって も、気温、湿度、風速、輻射熱(直射日光など)が複雑に関係します。これらを総合的に評価する指標がWBGT(湿球黒球温度)です。同じ気温でも湿度が高いと危険性が高くなるので、注意が必要です。また運動強度が強いほど熱の発生も多くなり、やはり熱中症の危険性は高くなります。どうしてもWBGTが高い環境で運動する場合は、十分な休息、水分補給が必要です。
環境省ではWBGTや熱中症に関する情報を公開しています。 気象庁ー熱中症予防情報
   
気象庁では熱中症予防情報として、各地のWBGTの予報を行っています。 環境省ー熱中症予防情報サイト
体調管理
体力のない人、肥満の人、暑さに馴れていない人、過去に熱中症を起こしたことがある人などは暑さに弱いので注意が必要です。体調が悪い と体温調節能力も低下しています。疲労、寝不足、風邪、下痢や他の疾患など、体調の悪い時には、高温多湿の場所に長くいたり、運動をする ことはさけましょう。下痢の場合は脱水症状になりやすくなります。
水分と塩分の補給
汗をかいた分、水分を補給しなければいけません。前記のように、脱水症状が熱中症の要因となります。スポーツをしたり、ハイキングなどにでかける場合は、時間を決めてのどが渇いたと感じる前に水分補給をするようにしましょう。汗からは水と同時に塩分も失われます。症状が出てからは、塩分の含まれない水の補給は、逆効果になる場合もあります。また、ブドウ糖が、ナトリウム と水分の吸収を促進します。理想的な塩分と糖分の割合で作られた飲料をORS(*)といいます。スポーツドリンクも、その割合が近いですが、乳幼児には塩分が足りない場合があります。 
*)ORS (経口補水塩)
調整薬局などで販売しています。
家庭でつくる場合は、テイースプーン半分のお塩[3.5g]+テイースプーン8杯の砂糖[40g]+1リットルの湯冷まし
服装、日よけ
気温の高い日の炎天下では、帽子や日傘は必須です。服装は通気性の良い素材で、汗が蒸発しやすい環境にしましょう。
ページ最上部へ