医療法人社団小林メディカル こばやし医院
HOME
診療内容
医院紹介
診療時間
アクセス
スタッフ
小児科案内
花粉症外来
ぜんそく外来
肝炎外来
肝炎外来
肝炎
肝炎とは
肝炎とは肝臓に起こる炎症のことです。肝炎の中で最も多いのは、ウイルスによる肝炎です。ウイルスの中には、経口などから感染するものと、血液や血液製剤などから感染するものがあります。急性肝炎とは、肝細胞に急性の炎症が起こる肝炎で、原因の大部分がウイルスです。慢性肝炎とは肝細胞に6ヵ月以上継続する慢性の炎症が起こる肝炎で、急性肝炎から移行することがあります。
それぞれの肝炎の症状と治療法
A型肝炎は、流行性肝炎とも伝染性肝炎ともいわれます。A型肝炎ウイルスによる肝炎です。飲料水や生食などから感染し、集団発生することもあります。東南アジアに旅行して感染する人もいます。冬から春にかけて多く発生します。ウイルスに感染してから2〜6週間後に発病し、症状は、発熱、全身倦怠感、嘔気、おう吐、悪心、腹痛、食欲低下などがあります。筋肉痛、関節痛、頭痛などの症状も見られることもあります。慢性化したり、再発することはまれで、大部分が完治します。
  治療は、特異的療法はありません。症状をやわらげることが中心です。安静が第一で、食事は、高タンパクでバランスのよい食事が勧められます。予防は、A型肝炎は予防接種もあり予防が可能です。東南アジアなどの流行地に行く際は予防対策が必要です。短期用のワクチンもあります。
B型肝炎
B型肝炎ウイルスによる肝炎です。最も多い感染経路は輸血、母子感染、性交などです。輸血による感染例は、輸血用血液の肝炎予防検査の精度が向上してから激減しています。ウイルスに感染してから1〜6ヵ月後に発病します。症状は、A型肝炎と同様の症状が見られますが、ほとんど症状がないこともあります。成人で発病した人の完治の可能性は高いですが、母子感染した子どもは慢性化し、肝硬変、肝ガンと進展することがあります。B型肝炎は劇症肝炎(★)が起こることもあります。
  治療は、感染からの時間の経過によって、まったく異なります。慢性肝疾患では全身状態、肝炎の病期、活動度などにより、経過をみながら慎重に療法の選択が行われます。予防は、B型肝炎は予防接種もあり予防が可能です。B型肝炎ウイルスを持っている母親から生まれた子ども、B型肝炎ウイルスを持っている人の家族は、ワクチン接種を受けることが望まれます。
C型肝炎
国内のC型肝炎ウイルス感染者は150万人以上といわれています。放置すると高頻度に肝ガンを発病することからも注目されています。C型肝炎ウイルスによる肝炎です。最も多い感染経路は輸血で、血液製剤、刺青や医療事故で感染することもあります。原因不明な例(散発例)もあります。輸血による新たな感染例は、輸血用血液の肝炎予防検査の精度が向上してから激減しています。多くが無症状です。 慢性化することが特徴です。感染後、数十年して急速に悪化し、肝硬変や肝ガンに進展する例も少なくありません。
  治療は、特効的な薬としてインターフェロン(★)があります。しかし、万能薬ではありません。インターフェロンが有効かどうかの見極めが必要です。インターフェロン療法の適応がない人にはグリチルリチン製剤、小紫胡湯(漢方)、ウルソデスキシコール酸などが用いられます。日常生活の注意としては禁酒・バランスのよい食生活の確立・疲労防止・食後の休養などが必要です。
アルコール性肝炎
肝臓は毒素を中和する役割もあります。アルコールは一種の毒素で、肝臓によって分解されますが、アルコールの過剰な摂取により、アルコールが肝細胞を破壊することがあります。これによって炎症が引き起こされます。これをアルコール性肝炎といいます。アルコール分解能力の低い人、飲酒量が多く継続的に飲酒を行っている人は、アルコール性肝炎になりやすいです。症状は、全身の倦怠感、黄疸、肝腫大などがあげられます。
  治療は、原因となっているアルコールの摂取を止めることが重要です。太りぎみの人は、飲酒をやめるとともに、栄養過多にならない様に食事のエネルギー制限をする必要もあります。
自己免疫性肝炎
肝細胞膜の構成成分に対して免疫反応を起こしてしまう病気と考えられています。まれな肝炎で、原因など未知な部分の多い疾患です。1:7の割合で女性が多いです。症状は、特徴的なものはなく、通常発見されたときには慢性肝炎になってしまっていることが多く、しかも肝炎は活動的に急激に肝硬変になってしまうこともあります。
  治療は、免疫抑制剤、副腎皮質ホルモン剤などを使用します。現段階では完治が難しい病気ですので、長期に服薬をする必要があります。副作用、他の疾患などについて、医師とのコミュニケーションが重要です。
その他の肝炎
肝炎ウイルス以外のウイルスも肝炎を起こすことがあります。すべてのウイルスといっても過言ではありませんが、代表的なウイルスはEBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルス、アデノウイルスなどです。また、薬物が原因の薬物性肝炎もあります。胆道疾患に伴う肝炎もあります。
劇症肝炎について
ウイルス性肝炎の経過中に重症化し、急激に重い肝機能障害と意識障害などの脳障害が起こる病気です。急性肝炎の約1%が劇症肝炎になります。なぜ急激に悪化するのかはまだ十分に解明されていません。 強い黄疸、意識障害、ケイレン、浮腫、腹水、腎不全などが見られます。小林央医師は、慶應大学病院にて劇症肝炎の治療に携っていました。
インターフェロン療法について
インターフェロンは、肝炎のタイプによっては、ウイルスを減らし、肝臓がんへの移行を遅らせる効果があることが知られており、現在、もっとも有効な治療薬とされています。2002年まで、原則として半年の治療期間しか保険が適用されませんでしたが、現在は、医療保険の適用制限が撤廃になりました。日進月歩で研究が進んでおり、C型肝炎でもウイルスのタイプに合わせて投薬の量や方法を変え、より効果的な治療ができるようになっています。また、副作用も軽減できるようになってきています。インターフェロンの効果を引き出す薬も研究されています。まずは、詳しい検査です。そして、医師との密接なコミュニケーションが大切です。
インターフェロン療法について